シアリスはED治療で一般的に使用されている薬剤の1つです。
Dクリニック新宿では、薬単体の処方は行っておりませんが、ED治療機器レノーヴァを用いた治療の際に併せて処方をする場合がございます。
このページでは、シアリスの特徴や効果など一般的な情報をお伝えいたします。

はじめに、シアリスの特徴についてご説明いたします。

シアリス

シアリスは、ED(勃起不全)に効果が期待できる医薬品です。ED治療薬は、バイアグラやレビトラなどがありますが、シアリスは緩やかな効果が長時間続くことが特徴といえます。金曜日の夜に服用すれば、日曜日の昼まで(最大36時間ほど)効果が続くことから、ウィークエンドピルとも呼ばれているのです。なお、シアリスの成分が体内に吸収されると、食事の影響を受けにくいことから、多くの男性に支持されています。

シアリスは、販売開始以来、100ヶ国以上で1,000万人以上の患者様が使用されています。2013年には、シアリスは世界シェアNo.1のED治療薬となっています。効果が長時間続くこと、食事の影響を受けないことなどが、患者様の焦りやプレッシャーを取り除く要因となり、多くの方に支持されているのです。

  • 性行為の満足度を高めたい
  • 勃起までに時間がかかる
  • もう少し硬さが欲しい
  • 性行為中に中折れしてしまう
  • 薬を飲むタイミングを気にしたくない
  • 作用時間が気になりプレッシャーに感じる

次に、シアリスの効果についてご説明いたします。

男性がなんらかの性的刺激を感じると、脳の中枢神経が興奮します。これにより「cGMP」という物質が合成され、男性器の海綿体(スポンジ状の勃起性組織)にある平滑筋(内臓・血管の壁の筋肉)がゆるみます。すると、通常よりも多くの血液が男性器に流入し、勃起するのです。しかし、ずっと勃起した状態が続くと困るので、人間の体の中には、勃起を抑える酵素「PDE-5」が存在しています。この「PDE-5」は、勃起を促す「cGMP」を分解する作用があるため、性的興奮が収まると、勃起が収束していくのです。ED(勃起不全)は、性交渉時にも「PDE-5」が優勢の場合に起こります。シアリスは、「PDE-5」の働きを抑制する効果があるため、勃起を促進させるのです。

シアリスの効果

シアリスの効果は、10mgで20〜24時間程度、20mgで30〜36時間程度といわれています。他のED治療薬に比べて、長時間の効果を期待できるのが、シアリスの特徴です。シアリスの成分が体内に吸収されるまでに、個人差はあるものの、1〜4時間ほどの幅があるため、性行為の2〜3時間前に服用いただくのがよいでしょう。なお、シアリスの効果は長時間続くため、服用のタイミングは、ご自身のライフスタイルに合わせて決定いただけます。

シアリスの有効成分は「タダラフィル」です。
タダラフィルを用いた医薬品は他にもあり、「肺動脈性肺高血圧症」や「前立腺肥大症」の治療に使用されています。

シアリスの飲み方について、ご説明いたします。

シアリスは、人によって、体内に吸収されるまでに1〜4時間ほどの幅があります。そのため、性行為の2〜3時間前までに服用いただくとよいでしょう。また、シアリスは長時間の効果があるため(10mg:20〜24時間ほど・20mg:30〜36時間ほど)、早めに服用してデートやディナーを楽しんでいただくことも可能です。服用のタイミングに気を使わなくてよいため、プレッシャーや焦りを感じにくいのも、シアリスの魅力といえます。

シアリスは、1日1回まで服用いただけます。服用間隔は、10mg・20mgともに、24時間以上あけるようにしてください。また、20mgの錠剤を半分に割って使用いただくことも可能ですが、服用しなかった半分の錠剤は、ラップに包んで密封容器に入れるなどして、湿気に触れないようご注意ください。

シアリスは、他のED治療薬と異なり、食事の影響をあまり受けないため、食前・食後どちらでも服用いただけます。ただし、食前の空腹時に服用するほうが、効果を感じるといわれる方もいらっしゃいます。そのため、食後に服用してみて、あまり効果を感じられないと思われた場合には、食前に服用してみてください。シアリスの服用から1時間程度で、お食事をしていただいても問題ないでしょう。

シアリスは、グレープフルーツジュースで服用しないでください。薬が効きすぎて、思わぬ副作用が生じる可能性があります。
基本的には水で服用いただくのがよいでしょう。水がない場合には、お茶や清涼飲料水での服用も可能です。

  1%以上 0.1~1%未満 0.1%未満 頻度不明
過敏症
(重大な副作用)
      発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、Stevens-Johnson症候群等
循環器 潮紅 動悸、ほてり 血管拡張、心拍数増加、胸痛、狭心症、頻脈、高血圧、低血圧 心筋梗塞※1、心臓突然死※1、失神、起立性低血圧
感覚器   霧視、眼の充血、眼の異常感 耳鳴、視覚障害、眼痛、流涙増加、眼刺激、結膜充血、視野欠損、結膜炎、乾性角結膜炎、眼瞼腫脹 色覚変化、回転性眩暈、網膜静脈閉塞、非動脈炎性前部虚血性視神経症※2、網膜動脈閉塞
消化器 消化不良 上腹部痛、悪心、胃食道逆流性疾患、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、腹痛、胃(胸部)不快感 便秘、腹部膨満、軟便、胃刺激症状、嚥下障害 食道炎
肝臓   肝機能異常(AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇を含む) ALP上昇  
腎臓     腎機能障害、尿酸値上昇  
筋骨格 背部痛、筋痛、四肢痛 関節痛、筋痙攣(筋収縮)、筋骨格痛 筋骨格硬直、頚部痛、殿部痛  
精神・神経系 頭痛 めまい、睡眠障害 錯感覚、傾眠、不安、片頭痛 脳卒中※1 、感覚鈍麻
泌尿・生殖器     排尿困難、勃起増強、意図しない勃起 持続勃起症、勃起の延長
呼吸器 鼻閉 鼻炎、副鼻腔うっ血 呼吸困難、喀血 鼻出血、咽頭炎
皮膚     紅斑、多汗、爪囲炎 そう痒症
その他   疲労、無力症、疼痛、体重増加、倦怠感 熱感、末梢性浮腫、粘膜浮腫、口渇  

※1:これらのほとんどの症例が本剤投与前から心血管系障害等の危険因子を有していたことが報告されており、これらの事象が本剤、性行為又は患者が以前から有していた心血管系障害の危険因子に起因して発現したものなのか、又は、これらの要因の組合せにより発現したものなのかを特定することはできない。

※2:薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害剤投与中に、まれに、視力低下や視力喪失の原因となりうる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が報告されている。これらの患者の多くは、NAIONの危険因子[年齢(50歳以上)、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙等]を有していた。

外国において、NAIONを発現した45歳以上の男性を対象として実施された自己対照研究では、PDE5阻害剤の投与から消失半減期(T1/2)の5倍の期間内(タダラフィルの場合約4日以内に相当)は、NAION発現リスクが約2倍になることが報告されています。シアリスの添付文書には、上記のような副作用が記載されています。シアリスは「頭痛」や「顔の火照り」などの副作用が、バイアグラやレビトラなど他のED治療薬よりも現れにくいです。しかし、「消化不良」や「背部痛」などの症状は、比較的現れやすいといえます。これらの副作用は、時間の経過とともに落ち着くことがほとんどのため、過度なご心配は必要ないでしょう。

  • シアリスの成分に対し過敏症のある方や既往歴のある方
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中の方
  • 硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、ニコランジル、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方
  • 心血管系障害があるなど性行為が不適当と考えられる方
  • 不安定狭心症のある方または性交渉中に狭心症を発現したことのある方
  • コントロール不良の不整脈、低血圧の方
  • コントロール不良の高血圧の方
  • 重度の肝障害をお持ちの方
  • 脳梗塞や脳出血の既往歴が6ヶ月以内にある方
  • 心筋梗塞の既往歴が3ヶ月以内にある方
  • 網膜色素変性症の方

上記に当てはまる方は、シアリスを服用いただけません。あらかじめご了承ください。

シアリスは、お酒の影響をほとんど受けない治療薬です。ほどよい飲酒であれば、リラックス効果もあるため、シアリスとの相乗効果を見込めるでしょう。しかし、アルコールを多量に摂取すると、アルコールの血管拡張作用とシアリスの血管拡張作用が重なり、めまいやふらつきの原因となります。また、お酒を飲みすぎると、性的刺激を受けにくくなるため、勃起力が低下してしまうこともあるのです。そのため、過度な飲酒は性交渉前には避け、緊張がほぐれるくらいの適度な飲酒に留めましょう。お酒をよく飲まれる方は、十分注意して、シアリスを服用してください。

シアリスは、医師の診察と処方が必要な薬です。一方、個人輸入の通販サイトでは、クリニックよりも安い値段でシアリスを購入できる場合があります。しかし、個人輸入サイトのシアリスは、偽物のことが多く、間違って服用してしまうと、思わぬ健康被害を招きかねません。なお、シアリスは「5mg」「10mg」「20mg」の錠剤しかありませんが、個人輸入サイトでは「50mg」や「100mg」が販売されていることがあります。有効成分の含有量が多いと、効き目も高そうに感じられますが、これらのシアリスは偽物ですので、絶対に購入しないようにしましょう。

(※日本国内で購入した医薬品や処方された医薬品に対しては、なんらかの副作用が生じても「医薬品副作用被害救済制度」の利用ができる場合があります。
これは、医薬品による副作用で、治療費などがかかった場合に、補償を受けられる制度です。
未承認の海外製医薬品を、個人輸入サイトで購入した場合には、副作用が生じたとしても、この制度は適用されません。
そのため、安心・安全に治療するためにも、シアリスはクリニックで処方してもらいましょう。)

レノーヴァでの治療は必要なくED治療薬が単体で必要な方は、薬単体での処方を行っているクリニックにて、医師の診察を受けて処方いただくことが一番安全です。

Dクリニックのシアリス処方価格は以下の表のとおりです。処方はシアリス10mg、20mg。ジェネリック品のタダラフィル10mg、20mg、それぞれ1錠から処方が可能です。
お支払い金額はお薬代のみとなります。(処方がなかった場合、診察料¥3,300をお支払いが必要となります。)

  薬剤名 税込み価格
(1錠あたりの価格)
バイアグラ バイアグラ50㎎(1錠) ¥1,650
バイアグラODフィルム50mg ¥1,100
レビトラ バルデナフィル10mg ¥1,540
バルデナフィル20mg ¥1,760
シアリス シアリス10mg(1錠) ¥1,650
シアリス20mg(1錠) ¥1,870
タダラフィル10mg ¥1,430
タダラフィル20mg ¥1,540

当院ではその他のED治療薬として、バイアグラレビトラ、またそれぞれのジェネリック品もご用意しております。
バイアグラ、レビトラの詳細ページにて薬剤の特徴や価格をご紹介しておりますので、詳細ページをご覧ください。

  シアリス バイアグラ レビトラ
特徴 緩やかな効果が長時間続く。 世界初のED治療薬。世界的に有名なため安心感が高い。 水に溶けやすく即効性がある。硬さが出やすいのも特徴。
有効成分 タダラフィル シルデナフィルクエン酸塩 塩酸バルデナフィル水和物
容量 5mg・10mg・20mg 25mg・50mg
(100mgは国内未承認)
5mg・10mg・20mg
作用時間 10mg:20~24時間ほど
20mg:30~36時間ほど
25mg:4時間ほど
50mg:5時間ほど
10mg:5~6時間ほど
20mg:8~10時間ほど

シアリスは個人輸入の通販サイトでも購入できますか?
シアリスは、個人輸入の通販サイトでも販売されていますが、偽物の場合があります。
そのため、クリニックで処方してもらうシアリスを服用するようにしましょう。
シアリスは自然な硬さになるのでしょうか?
シアリスは、性行為に十分な硬さを維持できるED治療薬です。長時間の効果が見込まれますが、硬さはどちらかといえばマイルドで、自然な硬さといえるでしょう。硬さを重視されるのであれば、レビトラの服用がおすすめです。ED治療薬には、それぞれ特徴があるため、まずは医師にご相談ください。
シアリス服用後、性行為は何回出来るのでしょうか?
シアリスは、10mgで20〜24時間ほど、20mgで30〜36時間程度、効果が持続します。
そのため、1日の中で複数回の性行為が可能です。ただし、可能な性行為の回数には、個人差があります。
シアリスを服用したのに効かないのはなぜですか?
シアリスを食後に服用いただくと、効果を感じにくい場合があります。その際には、食前に服用するようにしてください。また、10mgを服用して効果を感じられなかった方は、20mgを服用してみるとよいでしょう。それでも効果を感じられない場合には、医師にご相談ください。
シアリスは女性が服用しても効果がありますか?
シアリスは、女性に対する効果が実証されていません。そのため、医療機関では女性に対する処方を行っておりません。
シアリスは薬局でも販売されていますか?
シアリスは、薬局では購入できません。医師の診察・処方が必要な薬ですので、必ずクリニックを受診し、処方してもらうようにしましょう。
シアリスは他のED治療と併用できますか?
シアリスは、ED治療専用装置「レノーヴァ」と併用することができます。レノーヴァは、衝撃波を用いた治療で、男性器の血管を生成し、血流を増やすことで、EDを改善します。それに対しシアリスは、一時的に勃起力をサポートする内服薬です。EDの原因に向き合い、しっかりと治療をしていきたい方にはレノーヴァ、一時的な改善効果を得たい方にはシアリスの服用がおすすめです。また、レノーヴァとシアリスを併用することで、EDを長期的に改善していきたいというご希望と、今すぐ勃起力を高めたいというご希望の、両方を叶えることが期待できます。

当日のご来院・ご予約につきましては、
お電話にてお問い合わせください。

お電話でのご予約・お問い合わせ 03-4335-7810

【水】13:30~19:00
【木・金】 10:30~19:00/【土・日・祝】 9:30~18:00
(月・火 休診日) ※14:00〜15:00は休憩時間